刺される前に対処を|ハチ駆除は専門業者に連絡しよう【危険な虫だから放置しない】

ハチ駆除は専門業者に連絡しよう【危険な虫だから放置しない】

刺される前に対処を

蜂

ハチが好む場所

ハチも他の不快害虫と同じで、天敵が少なく雨風の届かない場所に好んで巣を作ります。人家の周辺だと軒下やベランダ、戸袋や生け垣などです。スズメバチはネズミの掘った穴を再利用して、土の中に巣を作ることもあります。また換気口や物置などに入り込み、気づかないうちに大きな蜂の巣を作ってしまうこともあります。蜂の巣を作らせないためには、こまめに掃除を行なうとともに、忌避剤を散布するのも有効です。蜂の巣は作りはじめのうちなら、殺虫剤を使って自分で退治することも可能です。しかしある程度大きくなってしまうと、刺される恐れが高く危険です。専門の駆除業者に依頼すれば、大きさにかかわらず安全に退治できるというメリットがあります。

ハチの種類を見分ける

蜂の巣は形によって、ハチの種類を見分けることができます。最も攻撃性が高いと言われるスズメバチは、作りはじめは壺を逆さにしたような形で、完成すると球形に近くなります。基本的に入り口は一箇所だけで、中は見えません。危険なハチなので、見つけたら早めに退治する必要があります。アシナガバチの巣は六角形の巣穴が団子状に固まっているのが特徴です。またミツバチの巣は多くは平板で垂れ下がった形をしています。いずれも益虫なので、気にならなければ放置しても構いませんが、刺される危険があるときは退治しなければなりません。蜂の巣は取り除いても同じ場所に再び作られることが多いので、退治した後のアフターケアも重要になります。